ジョジョろぐ

『ジョジョの奇妙な冒険』のアニメについてまとめたサイトです。

ジョジョアニメ:第4部 第4部 あらすじ感想

【ジョジョアニメ第4部】第21話「吉良吉影は静かに暮らしたい その1」あらすじ感想!跳び箱に潜むは殺人鬼!

2016/09/23

おなじみ杜王町RADIOが流れ、町がズームインされる構図でスタート!
今回はいったい何が起こるのでしょうか。

では、第21話のあらすじ感想を見ていきましょう!

第21話「吉良吉影は静かに暮らしたい その1」あらすじ

公式サイトのあらすじはこちら。

行きかう人々で賑わう昼時の町中、吉良吉影は女子社員の誘いを断ってパン屋でサンドイッチを買うと公園で1人、ランチを楽しんでいた。そこへ通りかかった重ちーは誤って自分のサンドイッチと吉良のサンドイッチの袋を取り違えてしまう。それに気づき、血相を変え重ちーを追いかける吉良。実は、吉良の袋の中にはサンドイッチではない別のものが入っていて―。

吉良吉影の静かな朝のひと時

場面は吉良の家、朝のワンシーン。
爪を切っています。

テーブルには豪華な朝ごはんが用意されており、手前側には女の人の手。

「君にプレゼントがあるんだ。」
と、吉良は彼女の左手の薬指に指輪をつけます。

その手とはやはり…
手首で切断されていましたね。

ツレない吉良とその同僚

場面は変わり、街中。

「吉良さん!」
声をかけたのはOLたち。

吉良をランチに誘いますが、そっけなく断る吉良。

と、そこへ吉良の同僚が登場!

「やめとけ!やめとけ!あいつは付き合いが悪いんだ。
「どこかに行こうぜ」って誘っても
楽しいんだか楽しくないんだか…
「吉良吉影」33歳独身
仕事はまじめでそつなくこなすが今ひとつ情熱のない男…
悪いやつじゃあないんだがこれといって特徴のない…
影のうすい男さ。」

この同僚、めちゃくちゃ解説してくれちゃってますが、吉良に詳しすぎる!と話題を呼んでおり、コラ画像のネタになっていたりと大人気。
原作漫画ではもうすこし詳しく解説していました。

彼女とお買い物

と、サンドイッチのお店「サンジェルメン」へ入った吉良は誰かと喋っている様子。
そのお相手は懐に入れてある手、もとい彼女ですね。

吉良と彼女

彼女にサンドイッチを触らせて選ばせようとしますがラップを突き破りソースで汚れてしまいました。その汚れた指を店内で舐めるという変態シーンが見られましたね。

小さいお店とはいえ、普通に彼女と楽しんでいる吉良。
バレたらどうするんだろうと心配してしまいますね。

公園で静かなランチもつかの間

公園で彼女と共にランチを楽しむ吉良。
どうやら手(彼女)が臭ってきたらしく、香水を吹き付ける描写がありました。
「手を切る時期か…」
うまい例えですね。

今回、変態度が全面に押し出されていますが…。
寄ってきた犬を目力だけで追い払うのはさすがという感じでしょうか。

と、同じ公園に億泰と仗助、そして重ちーがいました。

重ちーも吉良と同じ、サンジェルメンの袋を持っています。

昼飯代をせびる不良

重ちーに昼飯代をせびる二人ですが、もはや完全に不良です。まあ不良なのですが…。

貸付のメモを取っている隙に、犬に袋を奪われてしまった重ちー。
少し離れたところですが、吉良の脇に置いてある同じ袋を自分のものだと取り違えて、仗助たちの元へ走って行ってしまいます。

重ちーと二人

吉良は非常に焦りますが、それもそのはず。
その袋には彼女が入っていたのです。

15年証拠を残してこなかった吉良ですが、重ちーの予想外の動きに思わず隙を突かれましたね。

体育準備室での攻防!

と、重ちーはぶどうヶ丘中学校の体育準備室へ。ここには体育教師が飲んでいるコーヒーや紅茶が置いてあり、重ちーは普段からそれをこっそり頂いていたのでした。

体育準備室へ入る重ちー

吉良もそれを追って重ちーが入って行った小窓から覗き込みます。
堂々と学内に侵入していますね。

まさにサンドイッチの袋を開けようとするところでしたが、その前にコーヒーを入れようと重ちー。間一髪です。

奥の給湯室へ重ちーが消えた隙に、吉良も準備室内へ侵入。

「運が良かったな重ちーくん。中身を見ていたら始末しなくてはいけないところだった。」

こんなことを跳び箱の陰で言っています。

サンドイッチの袋にあと少しで手が届く…というところで
「おい仗助、ここだぜ!」
静かに暮らしたい吉良が最も嫌いそうな声が響きます。

振り返るとそこには小窓から入ろうとする億泰のお尻!
先ほど重ちーは準備室でのランチに二人を誘っていたのでした。

またも間一髪跳び箱の中に隠れた吉良。
なんともシュールな画。まさか彼が町に潜む殺人鬼だとは誰も思えません。
描写はされていませんでしたが、相当なスピードで隠れたことになります。

跳び箱の吉良

絶体絶命ですが運良く足元に落ちていたハンガーを伸ばし、跳び箱の隙間から袋の口に引っ掛けることに成功します。

しかし!
中身の重さで口を止めていたシールが剥がれ、落ちてしまいました。
チャレンジ失敗!

袋の口は開き、除けば中の彼女が見えてしまう状況!どうする吉良…!

強運でチャレンジ成功!

仗助が倒れたサンジェルメンの袋に手を伸ばします!

と、そこへ給湯室から出てきた重ちー。
自分のサンドイッチを盗ろうとしてるんじゃあないかと疑い、止めます。またも間一髪です。

その隙に、袋を跳び箱の中へ引きずり込むことに成功!
無事チャレンジ成功です。運良すぎ。

飲み物を淹れ、再び戻ってきた重ちーですが、サンドイッチがなくなったことに激怒します。
ハーヴェストで部屋中を調べ始めました。便利ですね!

激怒する重ちー

もちろん跳び箱の中へも向かうハーヴェストですが…
体育教師の怒鳴り声が響きます!
三人は小窓から逃げ出し、またまた間一髪

無事準備室から脱出することができました。

吉良、強運を味方につけています。

重ちーの欲深さVS吉良の心の平穏

サンジェルメンの袋を携えている吉良ですが、諦めきれなかった重ちーに見つかってしまいます。まだ校内にいたので、そりゃあ目立ちますよね。

重ちーはハーヴェストで奪おうとします。

「なんだこれは、袋が引っ張られるッ!」
吉良、スタンド見えないんでしょうか?

そしてちぎれる袋!
中から現れた彼女を重ちーが見てしまいました。

「小僧、お前も私と同じ能力を持っているのか。」
やっぱり見えてました!!

吉良は自分の生活についてつらつらと話し出します。

「私は常に心の平穏を願って生きてる人間ということを説明しているんだよ。」

ついに吉良にスタンドオーラが立ち上り、スタンドが現れます。
「キラークイーン。と私はこいつを名付けて呼んでいる。」

初登場です!

心の平穏を妨げる敵である重ちー。

「君を始末させてもらう。
今夜もぐっすり眠れるようにね。」

感想

吉良について、初めて詳しく描写された回でしたね!

強運の持ち主とは言え、執念変態度がすごすぎてもはやシュールな人になっていましたね。
やっぱり吉良、実は街中でも目立っているのでは…という疑いが晴れません。

変態だし、跳び箱の中にいるしで、ギャグ回かと思ってしまいそうですが…
ラストではついに吉良のスタンドが登場。

次回から戦闘でしょうか。
15年も殺害を隠し通してきた吉良です。どうする重ちー…!

第22話のあらすじ感想はこちら!
➡️第22話 アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 第4部」あらすじ感想「吉良吉影は静かに暮らしたい その2」評価 重ちーの勇気が道を繋ぐ!

-ジョジョアニメ:第4部, 第4部 あらすじ感想