ジョジョろぐ

『ジョジョの奇妙な冒険』のアニメについてまとめたサイトです。

ジョジョアニメ:第4部 第4部 あらすじ感想

【ジョジョアニメ第4部】第36話「アナザーワン バイツァ・ダスト その2」感想&あらすじ!早人の黄金の精神!

2016/12/04

ついに2016年も12月
ジョジョアニメ第4部も12月で終わり…。
休まず3クールも続いていますから、愛着がすごい。悲しいです。

さて、前回第35話では絶望に追い込まれた吉良とキラークイーンが新たな能力を発現。
吉良の正体を知ろうとする者、知った者を必ず爆破するというチート級の爆弾を、早人に仕掛けていました。

この爆弾の姿はちっこいキラークイーン。かわいい。

誰かを爆破すると、「(その誰かを)爆破した」という運命だけ残して時が巻き戻るという仕組み。
早人が露伴を爆破し、同じ朝が繰り返されていると気づいたところで第35話は終わり。

第36話はそのつづきから!この能力に気付いているのは早人のみ。

では、第36話のあらすじと感想を見ていきましょう!

バイツァ・ダスト版のOPが公開ッ!

第3部でもザ・ワールド版のOPが放送されたので、期待していた人も多いのではないでしょうか!
バイツァ・ダスト版もなかなか制作側の愛が感じられる、クールな仕上がり!ただの巻き戻し版ってわけじゃあない!

早人の表情がギリっと締まっているところに、グッときました。
普段のOPと違う表情をしていたのは、早人だけでしたね。

バイツァ・ダストの能力について詳しくまとめました!

バイツァ・ダストの能力について、詳しくまとめた個別記事を作成しました。

第35話「アナザーワン バイツァ・ダスト その2」あらすじ

公式サイトのあらすじはこちら。

キラークイーン第3の能力「バイツァ・ダスト」によって岸辺露伴を爆破し、同じ朝に戻ってきたということを聞かされた早人は、キラ・ヨシカゲを倒せるのは露伴のような「能力を持つ者」だけだと思い、露伴を死なせずにキラのことを伝えようとする。しかし、一度起こった運命の結果は変わらない。早人が露伴に会わなくても露伴は爆発してしまう。キラ・ヨシカゲを倒せないのかと苦しむ早人の目の前に、さらなる人物が現れ…。

運命が繰り返す朝

7:31起床
7:55天気予報が始まる
8:05吉良 家を出る
8:24早人 露伴に会う
8:27ペプシの看板に雷が落ちる
8:30露伴爆死

運命を変えられるのはぼくしかいない

露伴が爆破され、1時間ほど時を戻ってきた早人の次の朝が始まります。
間違い電話がかかってくる、ポットが落ちる…。全く同じ繰り返しが「運命」として起こっていく。
そんな中、早人だけが何が起こるかをわかっている。帽子を持って、玄関の外で吉良が待ち伏せしているのはわかっている。
早人は玄関からは出ず「運命を変えるんだ」と出発します。

露伴が爆死する「運命」はもう変えられない

ぼくに会ってしまったから死んでしまった露伴。
「露伴は死なせちゃあいけない…露伴を助けなくっちゃあいけない…!」

jojo4-36-2

なんとか露伴に会わずに吉良の正体を伝えようとする早人ですが、バイツァ・ダストによって起こされた運命は変えることができません。
今回は露伴にまだ会っていないのに、前回と同じ時刻にヘブンズ・ドアーが発動、そしてきっかり8:30には露伴が爆死。

jojo4-36-3

この様子を早人に追いついた吉良も見ていましたが
「彼は今、自分がなぜ死んでいくのかも気づいていない。もう漫画が描けないなあなんてことを考えているのかな?」
むごい。2週連続で露伴先生、死んでしまいました。

「今バイツァ・ダストを解除すれば、露伴の死はもはや繰り返すことすらない事実となるが…まだ解除はせずにおこう。
他にも何人か仲間が来るはずなのでね…そいつらもお前は自動的にやっつけてくれるわけだ、地雷のようにな。」

jojo4-36-4

ここで解除してたほうが賢かったんじゃないの?と思ったみなさん。バイツァ・ダストは吉良が絶望しているときにしか発動できないという設定があるので、もしここで解除したら次に発動できるのがいつになるのかわからないという…。

ぼくにパパのことを質問しないで

「ぼくのせいだ」と打ちひしがれる早人ですが、そこへ康一承太郎が現れます。8:30に露伴と待ち合わせしていたんですね。
少し遅れて仗助億泰も登場。

jojo4-36-5

みなしきりに早人のことを見たことのある顔だと言いますが、それもそのはず、みんなが露伴から受け取っていた写真は「川尻早人」の写真だったからです。
バレてしまいました。

「あなたたちまで死んでしまったら、誰があいつを倒せるんだ…ッ」

鼻血を装い、その場を逃げ出そうとする早人。鼻血という理由はやはり小学生だなと微笑んだのもつかの間、仗助に見せてみろと言われた途端マジで鼻を殴って血を出すあたりやっぱり小学生じゃねえとなりましたね。
しかし運悪く(?)仗助という治してやるよおじさんがいたせいで鼻血は完全治癒。
そして仗助は早人が写った写真を見せ「ここに写っているのは、おめーのおと…」

「だめだッ!それ以上言うなーーッ!!」

余計に怪しまれる状況に絶望した早人はランドセルの中からカッターを取り出し、首に刺して自殺を図ります。承太郎がうずくまる早人を起こすと…

カッターを止める小さなキラークイーン!バイツァ・ダストを仕掛けた対象が死んでしまうと困るので、自動的に守るようにされていました。
これは早人には見えませんが、承太郎たちにはもちろん見えます。そして見てしまったと言うことは…承太郎たちは吉良について知ってしまったということになります。
つまり、全員爆破されるということ。

あっけなく4人が爆死してしまいます。爆発の描写が結構細かくて絶望感が半端無いです。
仮にも主人公一行が、全員爆発四散して死んでしまいました。

jojo4-36-6

立ち上がった早人の新しい朝

早人の悲しい叫びと共に、次の朝がやって来ました。見ているこちらが辛くなるくらい、悲痛な叫びでしたね。
この朝はもう仗助たちが死ぬという運命が決められてしまった朝。まるで自分のせいでみんなが死んでいくという現実に、崩れ落ちる早人。
自分が死ねないのなら、もはやバイツァ・ダストを破るのは吉良本人を殺すか、吉良が気まぐれで解除するか。

それならば…と立ち上がる早人。吉良を殺せる道具が、この家にあるじゃあないか。
そう、屋根裏部屋には猫草が眠っています。

「ぼくは生まれてはじめてマジに心の底から神様にお祈りした…
どうか このぼくに人殺しをさせてください……と」

この台詞にはシビれましたね。第4部の名言議論には必ずと言っていいほど登場し、なんならジョジョシリーズ通してもトップクラスにカッコいい台詞だと思います。ここまでの朝を1人で闘った早人の心情を思うとより響きます。

決意を固め立ち上がった早人。
カップが割れるという運命を利用して、吉良のに熱いコーヒーをぶっかけることに成功。
そしてしのぶの頰にキスをすると

「ぼくがついてるよ…
ママはぼくがずっと守ってあげる」

キリッと吉良を睨みつけ、出発しました。
早人の成長速度が凄まじい。というか、もう主人公です。カッコいい。

吉良には幸運がついている

早人のランドセルには猫草が入っています。
吉良は露伴が爆死するのを見届けに来るはずなので、そのタイミングで空気砲を放つという計画。

その機を待ちますが…吉良は15年間バレずに殺人を犯し続けた男。
朝の早人の決意めいた表情を警戒し、少し離れた木陰から様子を伺っていました。これでは、空気砲が当たらない!

このまま吉良に待ちを決められてしまうと、仗助たち4人が爆破した後にバイツァ・ダストを解除されてしまう。その時点で起こったことは巻き戻せなくなるので、吉良の勝ちです。

迫る時間に、絶望の表情を浮かべる早人。
お茶目な吉良は、それを見て「決意めいた表情は気のせいだったか」と出てきてしまいます。待てばよかったのに…。
すかさずランドセルを開け空気砲を放つ早人。
「食らえッ!キラヨシカゲッ!!」

見事、吉良の胸に命中!
倒れた吉良にとどめの追撃…!

しかし、倒したと思った吉良からパンチが飛んできます。
なんと、偶然にもさっきコーヒーをこぼした時に外した腕時計が、胸ポケットに入っていたのです。おかげで吉良はほぼ無傷。

吉良に主人公補正がかかっている…
時刻は、8時29分16秒!

感想!

今までのエピソードとは比べものにならないくらい、気合が入った回でしたね!
何よりも早人がとっても強い。ウルっときてしまうくらい強い。

最初の登場時は盗撮盗聴をしている超根暗な小学生って感じでしたが、いつの間にこんなにカッコよくなっちゃったの…!
みなさんお気付きと思いますが、間違いなく早人には黄金の精神が宿っていますよね。
気合でスタンド見えるんじゃないかなって感じです。

OPも限定verで、もう終わるんだなあと悲しくなったり。
第3部のザ・ワールド版も良かったですが、今回のバイツァ・ダスト版も非常に良かったです。
まるで吉良が主人公…と以前OP記事で触れたのですが、その演出が生かされていましたよね。

一方かなり絶望感が強い回でもありましたね。
露伴は2度目の死を迎えてしまったわけですが…仗助たちが爆散するシーンは原作漫画で読んだ時にも「嘘だろ」となりました。こんなん目の前で見たら立ち直れません。
それを乗り越えた早人はやっぱりすごい。

個人的には、早人が「食らえ!キラヨシカゲ!」と叫ぶセリフが好きです。
パパじゃなく、「キラヨシカゲ」
パパはパパじゃあない、という事実を飲み込み、目の前のパパの姿の男を殺す。小学生にはすごい酷なことなんじゃあないかとか考え始めるとすごく深いセリフです。

さて、次週は「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その1」!
ついにタイトルコール!心の準備ができない!
あれ?主人公交代したんですよね?って感じですが、次週からバッチリ仗助くん活躍するはずです!

-ジョジョアニメ:第4部, 第4部 あらすじ感想